%e6%b0%b4%e7%b4%a0

 

水素社会」という言葉があります。

これは、「水素エネルギーの活用を実現した社会」という意味です。

水素社会の実現は、エネルギー問題を解決するための、重要な取り組みのひとつです。

 

このコラムでは、水素社会の主役である「水素」と「水素を使ったエネルギー」について解説します。

 

水素とは

水素は、原子番号1番の、最も軽い元素です。

実は宇宙で最もたくさん存在する元素で、重さでは、宇宙全体の70%を占めています。

ただし、自然界には、水素の単体としてはほとんど存在しません。

水、化石燃料、有機化合物などの形で存在します。

 

水素はさまざまに活用される

水素は、工業原料としては、さまざまに活用されています。

一例を挙げると、

  • 化学工業におけるアンモニア合成、メタノール合成、薬品への水素添加
  • 金属工業における金属粉末の還元、プラズマ溶接、金属切断
  • ガラス製造における雰囲気ガス
  • 航空・宇宙産業におけるロケット燃料
  • 自動車産業における燃料電池車、水素エンジン車燃料

その他、さまざまな用途があります。

 

水素エネルギーの作り方

水素は自然界にほとんど存在しないため、人為的に製造する必要があります。

水素の製造は、燃料や水にエネルギーを加えて作り出します。

以下に、大まかな分類を示します。

  • 化石燃料に熱を加えてつくる・・天然ガス、LPG、ナフサ、石油などから
  • バイオマスに熱を加えてつくる・・メタノールやメタンガスなどから
  • 工業の副産物として得られる・・コークス炉などの副生ガスに多く含まれる
  • 電気で水を分解してつくる・・火力のほか、風力・太陽光などの再生可能エネルギーから

副産物として得られるもの以外は、水素をつくるためにエネルギーを使います。

 

「二次エネルギー」としての水素エネルギー

間違えやすいのですが、水素エネルギーは、風力や太陽光などの「一次エネルギー」ではないです。

一次エネルギーとは、自然界に初めから存在するエネルギーです。

自然界に存在しない水素は、電気と同じように、他のエネルギーからつくられる「二次エネルギー」です。

ですから、水素エネルギーを使用する=エコロジー、という単純なものではないです。

電気とは違った形で、蓄え、移動し、活用することができる便利なエネルギーの形

ととらえる方が正しいと思います。

 

水素社会の実現に向けて課題は多々ありますが、これからも技術の開発とプラットホームの構築が進んでいく事でしょう。

 

参考

水素エネルギー白書(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構:NEDO)

次世代イノベーション創出プロジェクト2020 イノベーションマップ(東京都産業労働局)