ソメイテックが指導を受ける「技術者のコミュニケーション」専門家による新刊のご案内です。

 

「最強のエンジニアになるための話し方の教科書」(マネジメント社)

著者:亀山雅司(技術士・心理カウンセラー)
出版社: マネジメント社
ISBN: 978-4837804871
発売日: 2019/1/19

<内容>
技術的能力が高くても、その成果を関係者や世の中に伝えることができなければ存在していないのと同じである。多くのエンジニアは技術力ばかり向上させているが、仮に技術力が200%(2倍)になっても、「伝える力」がゼロなら、数式は次のようになる。
技術力(200%)×伝える力(0)=真のパフォーマンス(0)
「伝える力」を強化すれば、少ない努力でパフォーマンスが改善しやすい。
本書では、多くのエンジニアが陥りやすいコミュニケーション上の問題点を取り上げ、問題が起きる要因を明らかにするとともに、どう改善していけばよいかを著者自身の実例を上げて解説した。

<構成>
プロローグ ─ エンジニアとして「伝える力」の必要性を知る
第I章 なかなか理解されないエンジニアの話し方「7つの特徴」
第II章 話し方改革「7つの準備」
第III章 話すための「聞く」
第IV章 話し方改革の戦略化
第V章 エンジニアの話し方はこう変わる!

 

こちらもご覧ください。

仕事から人生まで左右する「話し方」を学べる「教科書」があります。