2018/9/28 日刊工業新聞社主催セミナーでスパッタリングの講師を務めました。

 2018年9月28日に日刊工業新聞社様主催で講師を務めました。日刊工業新聞社様は言わずと知れた日本有数の工業新聞の出版社ですが、技術系のセミナー事業にも大変力を入れられていて、多数のセミナーを開催されています。今回は講師のご依頼をいただいたのですが、講師からの持ち込み企画というのも多くあるそうです。

 スパッタリング講座は多くの参加者がいらっしゃいました。慣れたテーマではありますが、多数の質問をいただき、すぐには答えられないような深く難しいご質問もいただきました。ご質問と併せて、実務課題へのアドバイスも行います。技術課題の多くは、その課題が表面に現れているのとは別に、みえない原因が潜んでいることが多くあります。短時間のやり取りでその部分までを掘り下げるのは容易ではありませんが、ひとつでも多く、そのような見えない部分へのアプローチが生まれるよう、限られた時間でもできる限りの事に応えていきたいと考えています。

 今回はスパッタリングをテーマとした講座となりましたが、日刊工業新聞社様では研究開発系の材料調達・加工委託管理についてのセミナーも企画検討しています。近年は自社で全てのプロセスを扱うというよりは、アライアンスやアウトソーシングをうまく使って開発・生産の効率化を図るケースが多くなっています。薄膜や表面微細加工の世界でも同様のことがいえます。新しいテーマなどについて、もしご要望がありましたらぜひご連絡下さい。

 

スパッタリング薄膜の生産技術総合講座

主催:日刊工業新聞社

日時:2018年9月28日(金) 10:00~17:00
会場: 日刊工業新聞社 本社 セミナールーム 【東京・中央区】